■ 商品・サービス詳細

NO
14
カテゴリー
勤怠管理機能 
名称
F-Chair+(エフチェアプラス)スタンダード版
企業名
(株)テレワークマネジメント
ツール概要
離れて働いている従業員の「働いている時間」と「何をしているか」を同時に管理できる勤怠管理ツール。操作はデスクトップアプリで「着席」「退席」をワンクリック。自動集計した着席時間や、自動撮影したパソコンの画面キャプチャを管理画面から確認可能。管理者は、従業員の働いている様子をリアルタイムで確認、従業員は働いている証拠を残すことで、さぼりを疑われる不安から解消され、お互いに安心して働くことができます。勤怠データは、CSVで出力できるので、他の勤怠管理ツールと連動可能。Windows、Macで利用可能
初期費用(税抜)
アカウント/ID/ユーザー/ライセンス
10ユーザー
最低導入数
1
価格例(税抜)
1~10名 月額10,000~ 
価格単価(税抜)
10,000 円
価格単位
月額
導入事例

https://www.telework-management.co.jp/services/tool/fchair/#fchair_02

問合先URL

https://fchair-plus.jp/

トップへ

・テレワークに関する情報提供・ご相談 ⇒東京テレワーク推進センター
・はじめてテレワーク(テレワーク導入促進整備補助金)のご案内 ⇒東京しごと財団HP
・テレワーク導入プランへの商品・サービスの追加登録について ⇒東京都産業労働局雇用就業部労働環境課 03-5320-4657
・本システムについて opamuk@japan-telework.or.jp